Fabio Caramuru / eco musica - conversas de um piano com a fauna brasileira

『ブラジルの生態系とピアノの会話』というサブタイトル。クラシックの分野でも活動するブラジル・サンパウロ出身のピアニスト、ファビオ・カラムルーが、過去にブラジルの各地で採録されたカナリア、つぐみ、スズドリ、ひきがえる、コオロギといった動物たちの鳴き声の音源を用いて、それらに呼応するようにピアノを弾いたアルバムです。

耳を澄ませば鳴き声は実にヴァラエティに富んでいることがわかります。即興的でありつつ悲喜様々な表現の可能性を求めているような、それでいて実験的なものに終わらないピアノ演奏。それは自然と音楽との気軽な会話を楽しめるようなもの。曲名はすべて使用されている生き物たちの名前が付けられています。2015年作。

blog


01. Cigarra ♪ 

02. Bem-te-vi
03. Tico-tico ♪ 

04. Sapo-cururu ♪ 

05. Quero-quero ♪ 

06. Grilo
07. Uirapuru ♪ 

08. Tangará ♪ 

09. Araponga
10. Anu-branco
11. Canário-da-terra ♪ 

12. Tuim ♪ 

13. Sabiá ♪ 

14. Arara-azul

total playing time: 49:54


2016年9月の国内盤発売に伴いまして輸入盤からこちらの国内盤に取扱いが切り替わっております。輸入盤では3面のデジパックでしたが、僅かなデザイン変更が施された2面のデジパック仕様となっております。収録内容は基本的に変わっておりません。

  • Facebook
型番 FLAU 60 国内盤/デジパック仕様
価格 2,160円(税込)
在庫状況 8