HAU / Underneath - the soundtrack made for torse

未読の本。ふたつのカップ。ふたつの椅子。カフェには静かな時間が流れている。そこには誰を想うにも何を感じるにも自由な空間がある。

Henning Schmiedtとausが東京・世田谷にあるカフェ「torse」の移転/6周年記念(2014年)のために製作したサウンドトラック。最初にtorseにて販売された100枚限定のボックス仕様とは異なった、グラシン紙を使ったカバーにゴールドまたはシャンパンシルバー(色は選べません)で箔押ししたジャケット・デザインとなっており、これまでヘニングのジャパン・ツアー会場のみで販売されていたものです。

ヘニング・シュミートが2時間にわたって行なったピアノによる即興演奏を、ausがチェロやヴァイオリンなどを加えて編集したのが本作の音源。それはヘニングのファースト・ソロ・アルバム『klavierraum』が持っていた瑞々しさの純度を上げたようなものとなっています。カフェで恋人と待ち合わせるときのような、ゆっくりとした時間の流れを感じてみてはいかがでしょうか。

Henning Schmiedt 関連作品一覧


01. es beginnt ♪ 

02. Ich schwebe ♪ 

03. calling ♪ 

04. einen Topas von dir
05. neben der Zuckerdose ♪ 

06. ungelesenes Buch
07. silberner Loffel
08. grose Fenster, zwei weise Tassen ♪ 

09. du bist hereingekommen
10. werte.. ♪ 

11. zwei Stuhle ♪ 

12. Mittwoch Abend

total playing time: 41:35


  • Facebook
型番 FLAU 44 国内盤/特製紙ジャケット仕様
価格 2,700円(税込)
在庫状況 7