Emahoy Tsegue-Maryam Guebrou / Ethiopiques, Vol. 21: Ethiopia Song

エマホイ・ツェゲ=マリアム・ゴブルーという名のこの女性は、修道女であり、ピアニストであり作曲家。彼女がドイツで最初にリリースした2枚のLPレコード音源(1〜9曲目)を中心としたピアノ作品のアンソロジーとなっているCDです。知られざる音楽の宝庫、エチオピア。その埋もれていた音楽をレアグルーヴの観点で発掘する好シリーズ「エチオピークス」の中でも、本作は異色と言える1枚。

その楽曲スタイルは、ヨーロッパのクラシック音楽とアメリカの創生期のジャズそしてブルースが、エチオピアの伝統音楽の上でミックスされた教会的音楽と言えるもの。短いフレーズに独特の変化を加え繰り返す、といった形式のようなものを持っており、一定のリズムの中で続く和音の進行は不思議な印象を与え、静かでありながらゴスペル音楽と同じような包容力を感じさせます。世界中探しても、こんなピアノ音楽は他に無いのでは。

blog

01. The Homeless Wanderer ♪ 

02. The Last Ears Of A Deceased ♪ 

03. A Young Girl's Complaint ♪ 

04. The Mad Man's Laughter
05. Presentiment
06. Mother's Love
07. Ballad Of The Spirits ♪ 

08. The Song Of The Sea ♪ 

09. Homesickness ♪ 

10. Golgotha
11. The Jordan River Song ♪ 

12. The Garden Of Gethesemanie
13. The Song Of Abayi ♪ 

14. The Story Of The Breeze
15. Evening Breeze
16. Tenkou! Why Feel Sorry?

オリジナル発表年:1963年(01-09)、1970年(10-12)、1996年(13-16)/モノラル録音
ブックレットにはフランス語/英語による解説が掲載されています。

total playing time: 74:37


※流通状況によっては次回入荷にお時間がかかる可能性がございます。(2017/04/12)

  • Facebook
型番 860122 輸入盤
価格 2,290円(税込)
在庫状況 2