Plainte 嘆き - Viol music of French

詩の朗読のようにも聴こえるヴィオラ・ダ・ガンバ。時間と空間を音で具象化するようなテオルボとバロック・ギター。部屋の片隅で交わす静かな会話のような、それらの二重奏。

チェロに似た古楽器ヴィオラ・ダ・ガンバ。その音に触れる時、まず最初に弓と弦との擦れを感じ、次にその音が楽器や空間と共鳴しひとつの響きとなっていく様を感じられることでしょう。対するテオルボ(大型のリュート)やバロック・ギター。二重奏であっても伴奏にとどまらない存在感を示し、ソロであれば聴覚と触覚が合わさったかのような柔らかさを音から感じ取れることでしょう。

本CDに収録されている楽曲はバロック時代のフランスで作られたもの。多くは短調の響きを持っていますが、「Plainte 嘆き」というタイトルから予想するほど暗いアルバムではありません。「Plainte」という言葉にはメランコリーに美点を見出すのと似た感覚があるのでは。いずれの楽器も重過ぎず、響きには中低音域のふくよかさが。二重奏とそれぞれのソロで構成され、程よく落ち着きを持った曲が並び、古楽でこれほどに選曲の良さを感じさせるものは滅多にないと思わせるCDです。


Le Sieur de Machy ド・マシ氏:
01. Prelude 前奏曲
02. Courante クーラント

Marin Marais マラン・マレ (1656-1728):
03. Plainte 嘆き ♪ 

04. Rondeau Le Gracieux ロンド「優美」 ♪ 

05. La Guitare ギター ♪ 


Louis de Caix d'Hervelois ルイ・ド・ケ=デルヴロワ (ca.1680-1759):
06. Prelude 前奏曲
07. Allemande アルマンド
08. Plainte 嘆き ♪ 


Robert de Visée ロベール・ド・ヴィゼー (ca.1650-ca.1725):
09. Chaconne シャコンヌ

Marin Marais マラン・マレ:
10. L’Arabesque アラベスク
11. La Réveuse 夢見る女

Le Sieur de Machy ド・マシ氏:
12. Prelude 前奏曲
13. Allemande アルマンド

Robert de Visée ロベール・ド・ヴィゼー:
14. Passacaglia パッサカリア ♪ 


Marin Marais マラン・マレ:
15. Prelude 前奏曲
16. Gigue ジーグ
17. Rondeau Le Bijou ロンド「宝石」
18. Tombeau pour M’de Sainte-Colombe サント・コロンブ氏に捧げるトンボー ♪ 


ヴィオラ・ダ・ガンバ:藍原ゆき
テオルボ・バロックギター:秋山幸生
録音:2015年

total playing time: 68:39


  • Facebook
型番 LR-1601 国内盤/紙ジャケット仕様
価格 2,000円(税込)
在庫状況 12