Zinovia Arvanitidi / Ivory

”There is a life and there is a death, and there are beauty and melancholy between”(「生と死の間には、美しさと憂鬱がある」)―アルベール・カミュ

物憂げで多くを語らない登場人物による、クライマックスの無い美しい映画を見ているかのよう。カミュの言葉がジャケットに引用されているように、例えばそれはピアノの白鍵(Ivory)と黒鍵(Ebony)の間にある物語。クラシック音楽をベースとした彼女のピアノに、時にストリングスや自身のヴォイスが入るアレンジであるが、体温は上がらないまま。それぞれの曲は彼女の「life」の産物であり、リスナーはそこに自分自身と重なる部分を見つけるのだろう。


01. Ivory ♪ 
02. Essence ♪ 
03. Inattendu
04. Fluttering ♪ 
05. Invisible
06. Parting Ways ♪ 
07. Duende ♪ 
08. Afterlight
09. Ebony ♪ 
10. Time

total playing time: 34:44

同じkitchen.レーベルからリリースされたPill-Ohのメンバーでもあり、映画音楽などの作曲家としても活動しているギリシャ人作曲家ジノヴィア・アルヴァニティディの2018年ソロデビュー・アルバム。
18.5×18.5cm(7インチレコードサイズ)のスリーヴに入った見開きの台紙にCDが付いた、シンガポールkitchen.レーベルらしい、そしてこれまでにないデザインのジャケットとなっています。
kitchen.レーベル取り扱い作品一覧

  • Facebook
型番 AMIP-0128 国内流通盤/大型紙ジャケット仕様
価格 2,570円(税込)
在庫状況 7