Johann Johannsson / Copenhagen Dreams

ビルの谷間に流れる通奏低音。画一的な建物の中に居る、多様な人間の姿。都市に交わる人たちのテーマソングとなるようなアルバム。

マックス・ケストナー監督によるコペンハーゲンについてのドキュメンタリー映画『Drømme i København (Dreams in Copenhagen)』(2009年)のサントラとして作られた本作。サントラらしく同じテーマがヴァリエーションとなって細かな感情の移行を表現したり、様々なシーンを描いた短めの曲が並ぶ。そしてラストは少しだけドラマティックになる、という内容に。ミニマルな映像美に沿った、ピアノ、ストリングス、クラリネット、チェレスタ、女性ヴォーカルなどで構築されたサウンドは全体的にゆったりとしているが、Calmという形容とはちょっと違う。昼も夜も関係なく留まることの無い都市の血液の循環のような、クールだけど少しだけ体温の高い音楽。


01. Eleven Thousand Six Hundred and Sixty-Nine Died of Natural Causes ♪ 
02. They Leave Everything Behind
03. They Fed the Sparrows Leftovers and Offered Grass to Scherfig’s Turtle ♪ 
04. An Eiffel Tower by the Lakes
05. Three Thousand Five Hundred and Ninety One Benches
06. The Jewish Cemetery on Møllegade ♪ 
07. They Dream They’ll Get There
08. A Memorial Garden on Enghavevej
09. A Six-Lane Highway ♪ 
10. It Will Take Some Time ♪ 
11. He Hit Her on the Head with “The Wind in the Willows”
12. He Says it’s the Future
13. The Song about the Hyacinths
14. There’s No Harm Done
15. They Had to Work it Out Between Them ♪ 
16. She Loves to Ride the Port Ferry When it Rains ♪ 
17. A French School on Værnedamsvej
18. Here, They Used to Build Ships
19. They Imagine the City Growing out Into the Ocean ♪ 

total playing time: 40:46


Jóhann Jóhannsson ヨハン・ヨハンソン
1969年生まれのアイスランド人作曲家/プロデューサー。90年代終わりより様々な映画や演劇などの音楽を手がけるアイスランドでもっとも影響力のある作曲家。『博士と彼女のセオリー』でゴールデン・グローブ最優秀作曲賞、『ボーダーライン』でアカデミー賞作曲賞ノミネートなど、ハウシュカやマックス・リヒターなどと並び注目される作曲家だったが、2018年2月に急逝。その早すぎる死を惜しまれる。


  • Facebook
型番 PDIP-6530 国内盤/紙ジャケット仕様
価格 2,057円(税込)
在庫状況 1