Tobias Wilden / Outer Limits

夜更けに小一時間必ずギターをつま弾く。そんな生活を続けているようなイメージを、このドイツの若き音楽家トビアス・ヴィルデンに抱きます。ジャケットは風景。響きを追求し、そこから生まれる情景を、自らが本業のフォトグラファー/デザイナーとして過去に見た景色と重ね合わせる。それが彼のスタイルです。本作は2016年にインターネット上で発表していたギター作品のCD化。下記に本人が語るようにブラジル音楽などの南米の文化を意識して、クラシック・ギターを用いています。自分の住む国と、両親がかつて住んでいた国の繋がり。そういった意味での空想音楽。


01. What it Takes ♪ 
02. Facade
03. Uma Saída
04. Diffuse ♪ 
05. Interlude
06. Tundra ♪ 
07. Last Ship to Shore
08. Noites Tranquilas ♪ 
09. Frontiers ♪ 
10. Crosswinds
11. Desaparecer
12. Tundra (Solo Guitar)*
13. Last Ship to Shore (Solo Guitar)*
14. Crosswinds (with Cello)* ♪ 
*Bonus Tracks

total playing time: 41:57


「このアルバムは僕が初めてクラシック・ギターで作曲したフィンガースタイルのインスト・アルバムです。ボサノヴァ、ショーロ、サンバなどのブラジル音楽に大きく影響されていて、数曲を除き全てソロ・クラシック・ギター曲となります。おかしな話ですが、このアルバムのアイデアとインスピレーションは、ブラジルから遠く離れたドイツ・南バイエルンの人里離れた田舎の自然や風景から受けています。また、別の要因として、僕が生まれる前に家族が南アメリカに数年滞在していたことがあり、その音楽と文化は僕の子ども時代の大きな部分を占めていました。だから曲でその一部を捉えてみたかったのです。結果、僕がこれまでに発展させてきたアンビエント的なスタイルをもっとゆったりと、そしてくすんだ感じにしたものと、南アメリカのリズムが融合しています。」――トビアス・ヴィルデン

  • Facebook
型番 PDIP-6581 国内盤/紙ジャケット仕様
価格 2,268円(税込)
在庫状況 6