Jackie Oates / Lullabies

1曲目はスコットランドの子守歌で、ケルトの夢の神「アンガス」を歌ったもの。2曲目は寝る前のちょっとした遊び、膝の上で踊るための音楽(Dandling Songs)。ほかには、実際に母親に歌ってもらっていたもの、アイスランド、オーストラリアの伝統曲、シェイクスピアの劇中歌、古い12世紀のキャロルやポール・マッカートニーの曲。

ジャッキー・オーツはイギリスのフォーク・ミュージックに根差したシンガー・ソングライターでフィドル(ヴァイオリン)も演奏する。ニッターであり、パン職人でもある。イギリスに伝わる歌を聞いて回り採譜する活動もおこない、BBC主催の権威あるフォーク・ミュージックの賞も獲っている。

ララバイ=子守歌と彼女自身の眠りのための音楽、そして伝統歌を集めたこのアルバムは、ときに子守歌らしい暗さを持った曲が歌われています。でもそこに悲壮感はありません。あるのは母の愛情。ざらっとした手触りの三つ折りジャケットを開くと、そこには草原と家が描かれています。


01. Dream Angus ♪ 
02. Dandling Songs: Dance, Baby/Little Boy Blue ♪ 
03. Waiting For The Lark
04. Alexander Beetle/Farewell Nell
05. Bi Bi Og Blaka
06. The Posy Rhyme
07. The Worthy Wood Carol ♪ 
08. Sofuðu unga ástin mín/Sofi Sofi barnið
09. Philomel
10. The Wexford Lullaby ♪ 
11. Little Fishes/The Rainy Day Fisherman ♪ 
12. Junk ♪ 
13. Thy Cradle Is Green
14. When I Was A Lady
15. Sleepers Awake ♪ 

total playing time: 51:57


  • Facebook
型番 ECC009 輸入盤/3面紙ジャケット仕様
価格 2,390円(税込)
在庫状況 6