Tobias Wilden / In Transit

トビアス・ヴィルデンの音楽と旅とは密接な関係にあります。彼は旅する先々で見た風景を創作の糧にしています。2014年の本作は『In Transit』というタイトル。トビアスの目に映った都市を行き来する人々。それが風景の一部となって奏でる街の音。ほのかな高揚感と緊張感がもたらす快楽に似た感覚。

先にCD化された『Outer Limits』(2016年作)はナイロン弦のクラシック・ギターでしたが本作は『A Path To Open Air/Minute Maps』と同じく鉄弦のアコースティック・ギターで演奏。高音はキラキラと低音は空気を震わすように。聴くだけで異国の街に旅をしているような気分になります。

→トビアス・ヴィルデン2018年来日時インタビュー(近日公開予定)

01. Horizons
02. Transparent City ♪ 
03. New Eyes ♪ 
04. Portrait In The Dark
05. Endless Streets ♪ 
06. Compass ♪ 
07. In Transit – Part 1
08. In Transit – Part 2
09. Turning Point ♪ 
10. Flashback
11. Through the Haze
12. Neon Desert
13. Exit (The Flight) ♪ 
14. On The Edge *
15. The Night Cafe * ♪ 
16. Return In Winter *
17. Intentions *
*Bonus Tracks

total playing time: 41:57

「『In Transit』はスチール弦のアコースティックギター1本で作ったソロ・ギターアルバムです。このアルバムもこれまでの作品同様、たくさんの旅からインスパイアされたものなのですが、今回は「都会」をテーマにしています。薄暗い路地や屋根の上にかかった朝靄など、都市生活の日常場面で出くわしたシーンが曲自体の主題になっていて、新しい場所への希望に満ちた到着(M-1「Horizon」)から始まり、都市生活からの自由な出発(M-13「Exit(The Flight)」)で終わる小さな物語になっています。都市環境の道標や、都会の空間と人々が築き上げた関係性の記録の中にあるいろいろなこと。作曲は数種類の異なるオルタネイト・チューニングを用いて、これまでのアンビエント的なアプローチを残しました。しかし過去の作品よりも少しテンポが早く、よりダイナミックなアルバムになりました。」(Tobias Wilden)

☆雨と休日限定先行販売(一般発売3/22)
Tobias Wilden関連作品一覧
Tobias Wilden Interview

  • Facebook
型番 PDIP-6583 国内盤/紙ジャケット仕様
価格 2,268円(税込)
在庫状況 2