フォーレ:レクイエム 作品48 コルボ指揮ベルン交響楽団ほか

ドビュッシーやラヴェルの少しだけ先輩にあたるフランスの作曲家フォーレ。彼の代表作として知られるのがこの『レクイエム』です。モーツァルトやヴェルディ作曲のものと並び「三大レクイエム」と称されますが、寝る子も起こすような壮大な他2人の作品に比べ、死への恐れより悲しみと救い、荘厳な祈りより永遠の安らぎを求めた曲調が特徴です。それ故、「自分の葬式に流してほしい」という人も多いと聞きます。ミシェル・コルボ指揮による同曲屈指の名盤とされるこの録音では、技巧的な問題から女声ソプラノを使うことが多い独唱にボーイソプラノを起用しています。その天国的な美しさが際立った04.「ピエ・イエズス」をお聴きください。

blog

フォーレ(1845-1924):
レクイエム 作品48
01. 第1曲:イントロイトゥスとキリエ Introit (Introitus) et Kyrie ♪ 

02. 第2曲:オッフェルトリウム Offertoire
03. 第3曲:サンクトゥス Sanctus ♪ 

04. 第4曲:ピエ・イエズス Pie Jesu ♪ 

05. 第5曲:アニュス・デイ Agnus Dei ♪ 

06. 第6曲:リベラ・メ Libera Me
07. 第7曲:イン・パラディズム In Paradisum ♪ 


アラン・クレマン(ボーイ・ソプラノ)
フィリップ・フッテンロッハー(バリトン)
フィリップ・コルボ(オルガン)
サン=ピエール=オ=リアン・ドゥ・ビュール聖歌隊
ベルン交響楽団
ミシェル・コルボ(指揮)
録音:1972年

total playing time: 39:55


  • Facebook
型番 WPCS-21095 国内盤
価格 1,080円(税込)
在庫状況 2