J.S.バッハはマリンバで… クーン・プラーティンク(マリンバ)

中南米で生まれた大型の木琴楽器マリンバ。その柔らかく、おおらかな音色でもしバッハを演奏したなら…。ピアノと違って厚い和音を奏でられない、弦楽器のように伸びやかに響かない、マリンバ。それが功を奏してか、モノクロのジャケットのようにどことなく孤独感を漂わせる、軽やかで繊細な演奏のバッハ・アルバムとなっています。バッハが生きていた時代、ヨーロッパには存在していなかったはずのマリンバでの演奏。クラシック作品としては異色でありながら、この独特の世界観は格別なものです。


ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750):

無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番ト短調 BWV1001
01. アダージョ ♪ 

02. フーガ:アレグロ ♪ 

03. シチリアーナ ♪ 

04. プレスト ♪ 


『アンナ・マグダレーナ・バッハのための音楽帳』より
05. メヌエット BWVAnh.114 ♪ 

06. メヌエット BWVAnh.115
07. メヌエット BWVAnh.116
08. ポロネーズ BWVAnh.119
09. 行進曲 BWVAnh.124
10. ミュゼット BWVAnh.126

無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV1007
11. 前奏曲 ♪ 

12. アルマンド ♪ 

13. クラント ♪ 

14. サラバンド
15. メヌエット
16. ジグ

前奏曲とフーガ変ロ長調 BWV866
17. 前奏曲
18. フーガ

Koen Plaetinck (Marimba)
録音:2010年

total playing time: 54:47


  • Facebook
型番 MFUG-581 輸入盤/デジパック仕様/日本語帯・解説付き
価格 3,024円(税込)
在庫状況 2