Guyun y su Grupo / Canta Elisa Portal

それは、静かな微熱とマイナスの美学を持った音楽。

ボサ・ノヴァのように軽やかで粋なキューバのヴォーカル音楽「フィーリン」。その第一人者ホセ・アントニオ・メンデスの間接的な師匠であったとされるギタリストが、グユンことビセンテ・ゴンサレス・ルビエラです。1938年から音楽学校で講師を務めていたグユンはまた、キューバ音楽におけるモダンなギター奏法の開祖的存在であり、その教えはキューバのほとんどのミュージシャンに影響を与えたと考えられています。

本作はグユンの唯一のアルバムの初CD化。録音は61年から64年の間で、キューバにおけるステレオ録音の最初期のもの。淡い色気を持った女性シンガー、エリサ・ポルタルをメインに据え、ギターやピアノのシンプル極まりない最小限の伴奏によって、伝統音楽であるボレロやマンボを密やかに奏でています。血気盛んなキューバ音楽において、抑制した美を求めた奇跡のような存在の1枚。熱気を孕んだ夜にも、クールに響いてくれることでしょう。

フィーリン関連作
blog

01. Y Que Hay de Ti [Bolero] ♪ 

02. Por Nuestra Cobardia [Bolero] ♪ 

03. Mi Corazon Baila Mambo [Bolero Mambo] ♪ 

04. Andalucia
05. Romance a la Habana [Bolero] ♪ 

06. Delirio [Bolero] ♪ 

07. Que Distante [Bolero]
08. Dimelo por Favor [Bolero]
09. Buri Buri Bari Bo [Descarga] ♪ 

10. Luna de Varadero [Bolero]
11. Tu Debes Saber [Bolero] ♪ 

12. Tabu [Afro]

total playing time: 35:36


  • Facebook
型番 CRACD-244 国内盤/紙ジャケット仕様
価格 2,700円(税込)
在庫状況 1

あなたにおすすめの商品