Alicia Bay Laurel / Music from Living on the Earth

1970年に出版された『地球の上に生きる』は、ヒッピー・カルチャーの影響を受けた自然志向のライフスタイルを提唱した名著として今もロングセラーとなっています。その著者、アリシア・ベイ・ローレルが2000年に作った同著の音楽アルバムがこちら。すべてアリシアの自作曲であり、ギター弾き語りのスタイルで歌われています(ラスト曲のみ01のコーラス・ヴァージョン)。ジョン・フェイヒーに学んだとされるそのギターテクニックはアマチュアの域になく、楽曲のレベルも高いという、書籍を持っていなくても楽しめる音楽性に富んだアルバムとなっています。

『地球の上に生きる』はもともと、アリシアが参加していたコミューンのガイドとして書いたもの。ベトナム戦争や大量生産大量消費社会に反抗したようなヒッピーの思想は、現代にも通ずる部分があるように感じます。歌詞のメッセージを読み解き、共感することがあれば、このアルバムは素晴らしい人生の指南書になることでしょう。ブックレットには再生紙と大豆インクが使用されています。歌詞対訳つき。

blog

01. In the Morning ♪ 

02. Chard & Chives
03. Rain ♪ 

04. Hang Out and Breathe ♪ 

05. Thanksgiving Hymn
06. Rinpoche ♪ 

07. Oh Sweet Self
08. Waterwheel ♪ 

09. Mandala
10. Nineteen Sixty-six
11. Vai Raga
12. Pain and Love
13. Lullaby ♪ 

14. Family To Me
15. Sky Blues
16. Invocation
17. In the Morning (Choral Version) ♪ 


total playing time: 48:50


※メーカー生産が終了となっておりますため、デッドストック分の限定入荷となります。売り切れ後の次回入荷の予定はございません。(2014/11/22)

  • Facebook
型番 EM1047CD 国内盤
価格 2,700円(税込)
在庫状況 0 →在庫表示(入荷の目安)について