BALLAD issue#3

音楽や教育といったキーワードを架け橋に、子どもと大人をつなぐミニマガジン『BALLAD』。第3弾のテーマは「静かな時」。控えめの照明、過度な広告の自粛など、東日本大震災の直後、私たちの身の回りには「静けさ」が漂いました。そしてその「静けさ」の中に感じた力が今号の基となっているそうです。 ミュージシャンでは細野晴臣とも関わりの深いコシミハルや、様々な楽器を駆使するトクマルシューゴ、それぞれの音楽活動の他にバンド「わすれろ草」で共に活動するアキツユコと松井一平、など。他、デザイナーから宇宙科学の講師や保育学を研究する准教授まで多岐にわたるインタビューを今回も掲載。ウィン・ルイス(ヴァシュティ・バニヤンの娘)による表紙はハリネズミ。『BALLAD』は一般の書店ではほとんどお取り扱いのない本です。

saitocno web site
→saitocnoインタビューはこちら


もくじ

巻頭特集『静かな時』
コシミハル(音楽家) 松井一平(音楽家/画家) アキツユコ(音楽家)
関根康人(東京大学院講師) 佐々木光(セセン設計所)
大豆生田啓友(玉川大学教育学部准教授) トクマルシューゴ(音楽家)

誌上展覧会 セセン設計所

海 写真:齋藤紘良

読み物「静かな国に住む カップルのはなし」

神ノ川智早『bright side of life.』

GRAPH代表 北川一成さんインタビュー

BALLADコラム テーマ「ひとり」

童話『オレはうるさくしたいんだ』 乙一


編集・制作 saitocno (齋藤紘良 齋藤美和) 
アートディレクション:セキユリヲ 
デザイン:上原かなえ 表紙イラスト:ウィン・ルイス 本文イラスト:青木隼人
B5 48ページ オールカラー 


※限定数の入荷となります。品切れ後の再入荷は未定となっております。(2017/07/24)

  • Facebook
型番 BALLAD3 和書
価格 972円(税込)
在庫状況 3

あなたにおすすめの商品