George Shearing & Don Thompson / George Shearing at Home

イギリスに生まれ、1940年代末よりアメリカで活躍し、2011年に没した盲目のジャズ・ピアニスト、ジョージ・シアリング。その親しみやすい演奏は日本でも多くのファンに愛されました。本作は“at Home”のタイトルどおり、1983年にニューヨークの自宅にて録音されていたという発掘音源です。

自身のグループで長年ともに過ごしたベーシスト、ドン・トンプソンとふたりだけで、間にお茶を飲みながら録音を進めたという演奏は終始リラックス気分。観客もうるさいプロデューサーもピアノを派手に鳴らせたがるエンジニアも居ない、そんな自宅録音ならではの、演奏家自身が楽しんでいる演奏であることが窺えます。02「A Time For Love」のハーモニー。ミドル・テンポながら力みをまったく感じさせない09「Can't We Be Friends?」。クラシックの和声を取り込んでいる10「I Cover The Waterfront」(ラストにはラヴェル「水の戯れ」のフレーズが)。暖炉を前に寛ぐジャケット写真もまた良し。輸入盤に日本語の帯と解説が付いた国内流通仕様です。


01. I Didn't Know What Time It Was ♪ 

02. A Time For Love ♪ 

03. Ghoti
04. The Things We Did Last Summer
05. Laura
06. The Skye Boat Song ♪ 

07. Confirmation ♪ 

08. The Girl Next Door ♪ 

09. Can't We Be Friends? ♪ 

10. I Cover The Waterfront ♪ 

11. Out Of Nowhere ♪ 

12. That Old Devil Called Love
13. SubconsciousLee
14. Beautiful Love

total playing time: 56:58


※メーカー生産終了のため、次回入荷の予定はございません。(2017/05/09)

  • Facebook
型番 AGIP-3521 国内流通盤/紙ジャケット仕様
価格 2,484円(税込)
在庫状況 0 →在庫表示(入荷の目安)について