Shelby Flint / The Quiet Girl

1961年にひっそりと咲いた可憐な花一輪。

慎ましやかながらも澄んだ空のような広がりを持った歌声は、60年代初頭のポップス黄金期にあっては奇跡と呼べるもの。美しいという言葉だけでは物足りないサムシングを持っています。ジョニ・ミッチェルが彼女の歌を聞いて「私も歌手になれるかもしれない」と思いデビューに至ったという逸話も納得。自作曲(06、12)の他に古いフォーク・ソング(03、04、09など)を取り上げるなど、フォークシンガーになりたかったという彼女自身の特色を垣間見ることができます。ギターとオーケストラ(主にストリングスと木管楽器)がメインの伴奏アレンジもまた特筆すべき点で、この時代ならではのとろけるような豊かなサウンドが歌声に寄り添うよう。時代に埋もれることなくこの花を愛で、子守唄のような優しさを求めて下さい。国内初CD化。解説・歌詞付き。

blog

01. Joey
02. Quiet Kind Of Love ♪ 

03. Scarlet Ribbons ♪ 

04. Lavender Blue ♪ 

05. Far Away Places
06. I Will Love You ♪ 

07. Heather On The Hill
08. Riddle Song
09. Danny Boy
10. Hi Lili, Hi-Lo ♪ 

11. Every Night
12. Angel On My Shoulder ♪ 


total playing time: 29:20


※メーカー生産終了のため、次回入荷の予定はございません。(2015/11/30)

  • Facebook
型番 WPCR-27827 国内盤/限定生産盤
価格 1,028円(税込)
在庫状況 0 →在庫表示(入荷の目安)について