ジョン・ケージ:チープ・イミテーション アンゼロッティ(アコーディオン)

現代音楽を代表するアメリカの作曲家と言えば、演奏家が「何もしない」演奏をする『4分33秒』で知られるジョン・ケージ。サティなど精力的なアレンジ作品を生み出しているアコーディオン奏者テオドロ・アンゼロッティによる、ケージが残したピアノ(あるいはオルガン)のための作品のトランスクリプション(編曲)集です。

ピアノの硬質な響きは冷淡。それよりも少しだけ体温が上がり、物悲しいという感情が加わったアコーディオンの響き。アンゼロッティによる演奏は音の厚みよりも音の薄いところの響き神経を尖らせているかのよう。ケージの作品には虚無感があり、その旋律らしからぬ旋律に浸っていると、現実と夢想の境目を彷徨うような感覚になります。サティの旋律を利用している「チープ・イミテーション」や幻想的な「夢」など、比較的温和な(前衛的でない)作品が選ばれている点も素晴らしく、ドイツのレーベルWINTER & WINTERによるデザイン性の高い紙製ジャケットと併せて、作曲家の意図からいい意味で離れた音楽の聴き方を楽しめることでしょう。


ジョン・ケージ (1912-92)
チープ・イミテーション  Cheap Imitation
01. I ♪ 

02. II ♪ 

03. III ♪ 


04. 想い出  Souvenir ♪ 

05. 夢  Dream ♪ 


テオドロ・アンゼロッティ(アコーディオン)
録音:1992、93、2000年

total playing time: 62:57


  • Facebook
型番 BOM-22176 輸入盤(日本語帯・解説付)/特殊紙製ハードカバー仕様
価格 2,376円(税込)
在庫状況 2