Carlos Aguirre Grupo / (Crema)

1曲1曲に描かれる世界が雄大であり繊細。水、空、風、太陽…詞は自然そしてその中に在る人々を歌う。ピアノ、ギター、ヴォーカル、すべての音色が大地への賛歌となる。

ブエノスアイレスから北西に約400km離れたエントレ・リオス州パラナを拠点に、河のほとりで創作活動を続ける孤高の作曲家/ピアニストそして詩人、カルロス・アギーレ。アルゼンチンに伝わる伝統音楽(日本では「フォルクローレ」と呼ばれ親しまれてきました)をベースに、現代的なミクスチャー感覚で様々な音楽要素を盛り込み、新たな風を吹き込んでいるモダン・フォルクローレ・ムーヴメント。その中心であるカルロス・アギーレの音楽には、日本人が持っている郷愁や感傷といった感情にも重なる、非常にセンシティヴなものが宿っています。2000年に作られた彼のファースト・アルバムであるこの作品こそ、近年日本で注目されているアルゼンチンのモダン・フォルクローレを語るうえで必ず聴いておかなくてはいけない1枚です。

blog


01. los tres deseos de siempre ♪ 

02. zamba de mancha y papel ♪ 

03. beatriz durante
04. pedacito de rio I
05. paloma y laurel ♪ 

06. zamba de usted ♪ 

07. pasarero
08. coplas de cielo y rio
09. pedacito de rio II ♪ 

10. la tarka
11. memoria de pueblo ♪ 

12. la espera ♪ 

13. huella mora

total playing time: 49:11


歌詞・対訳/解説付き。この国内盤では、1枚1枚すべて違った手書きの水彩画が封入されているという、オリジナル盤のアートワークが踏襲されています(絵は選べません)。そのため生産数に限りがあり、売り切れ後の再入荷は特にお時間がかかることとなります。お早目にどうぞ。

  • Facebook
型番 RCIP-0264 国内盤
価格 2,916円(税込)
在庫状況 5