Washington Phillips / The Key To The Kingdom

ジャンルで言えばブルースあるいはゴスペルでしょうか。セレスタフォン(使用楽器はダルセオラなど諸説あり)というツィター系の楽器を使ったサウンドが天上にも昇るような印象を与えるシンガー、ワシントン・フィリップス。ジャケット画にも聖書が描かれていますが、彼自身がエヴァンジェリスト(伝道師)であり、その歌には厳しさの中にも優しさが滲み、安堵感があります。戦前カントリー・ブルース/ゴスペル、ひいてはアメリカのシンガーの中でも特異なミュージシャンと言えるのではないでしょうか。

アーリー・アメリカン・ミュージック専門レーベルYazooによる現存する彼の録音16曲(録音:1927〜29年)を集めた2005年編集盤。2曲ほどイントロに長い語りが入ります。メンフィスの夫婦デュオ・ブラインド・マミー&A.C.フォアハンド(彼らもエヴァンジェリスト)による4曲がカップリング。


01. Lift Him Up That's All ♪ 
02. Paul And Silas In Jail
03. Mother's Last Word To Her Son ♪ 
04. The Church Needs Good Deacons
05. Jesus Is My Friend ♪ 
06. A Mother's Last Word To Her Daughter
07. I Had A Good Father And Mother
08. I Am Born To Preach The Gospel ♪ 
09. Take Your Burden To The Lord And Leave It There
10. Denomination Blues - Part 1
11. Denomination Blues - Part 2
12. What Are They Doing In Heaven Today
13. I've Got The Key To The Kingdom
14. Train Your Child ♪ 
15. You Can't Stop A Tattler - Part 1 ♪ 
16. You Can't Stop A Tattler - Part 2

–Blind Mamie And A.C. Forehand
17. Wouldn't Mind Dying If Dying Was All ♪ 
18. I'm So Glad Today, Today
19. Honey In The Rock
20. Mother's Prayer

total playing time: 60:21


  • Facebook
型番 YAZ-2073 輸入盤
価格 3,090円(税込)
在庫状況 1