Remis Rancys / Pavejui

リトアニアから届けられた、自然と人との美しいバランスを描いたような、あらゆる国や物を超えたところに在るような音楽。森や、風や、太陽と、そこに生きる人々。秋、夏といった季節とそのメロディ―――

「この作品はミャンマーの異国情緒からビリニュスの静かな街並みまで、世界のテイストからインスピレーションを得たアルバムです。北欧のジャズから情熱的なコロンビアまで。それぞれの曲は、人生の紆余曲折と流れる時間についての短編映画のようなものです。」と語るリトアニアのマルチ奏者、レミス・ランチースの2021年作。

大地に根ざしたものを感じさせるその演奏スタイルはフォーク・ミュージックのモダンな解釈にスピリチュアル・ジャズ的要素を持たせたような…と書くこともできるが、例えば07では鍵盤ハーモニカでクンビア(コロンビアの伝統音楽のひとつ)をタンゴ風味で演奏しているなど、楽器編成や曲構成など既存に縛られないような超越感があり、それが本作の最大の魅力。そして同郷のプルナマシ・ヨガマヤが参加したヴォーカル・トラック(2, 5, 8)が何と言っても素晴らしく、ゆったり揺蕩うような前半と喜びに満ちた後半というアルバムの流れとともに、穏やかで大らかな気持ちで音の旅を楽しむことができる1枚。


01. Buriuotojai ♪ 
02. Tyliau – Garsiau ♪ 
03. Midi ♪ 
04. Lygumai
05. Žalia ♪ 
06. Pavėjui
07. Shcumbia ♪ 
08. Iš Aukštai ♪ 
09. Kacew
10. Sunshine ♪ 
11. Vasara

total playing time: 48:01


  • Facebook
型番 RCIP-0322 国内盤/紙ジャケット仕様
価格 2,640円(税込)
在庫状況 5