Ansorena Senperena / Euskal danbolinaren aroak

スペイン・バスク地方からやってきた、なかなか他にない魅力を持ったデュオです。

『バスクタンバリンの時代』と題されたこのアルバムは、バスク出身のピアニスト、ホセラ・センペレーナと、伝統的な笛と太鼓、いわゆる「パイプ&テイバー」による辻芸人スタイルのベテラン奏者ホセ・イグナシオ・アンソレーナによるデュオの録音です。 バスクの伝承曲などに余計なアレンジを加えずに曲そのものの素朴な味わいを活かしつつ、そこにピアノ伴奏が入ることによってモダンさやエレガントさを付加できているという素晴らしさ。時折、2人で演奏しているとは思えないような広がりを見せ、楽しく飽きさせません。


01. Soinu zaharrak ♪ 
02. Korpus goizeko deia ♪ 
03. Humboldt suitea
04. Anboto azpiko doinuak
05. Balmaseda suitea
06. Groseko baltsak ♪ 
07. Txutxupe jota eta Hubanako kontradantzak ♪ 
08. Artzain doinua
09. Antzineko abestiak
10. Amaiur
11. Adiskide lasaiaren sonatatxoa ♪ 
12. Hiru damatxo jostalari

Jose Ignazio Ansorena : txistua eta perkusioa
Joserra Senperena : pianoa

total playing time: 62:32


  • Facebook
品番 GH-305 輸入盤/紙ジャケット仕様
価格 2,390円(税込)
在庫状況 3