Enji / Ursgal

音楽教師からジャズシンガーへと羽ばたいた才媛、エンジことエンクヤルガル・エルケムバヤルはウランバートル出身ミュンヘン在住。長音をひと息に歌うメロディが特徴のモンゴルの伝統的民謡オルティンドーに、ジャズを融合させたサウンドは唯一無二。 同じSquamaからのソロ・アルバム(→こちら)も傑作だったギターのポール・ブランデル。ベースは同郷のムングントフチ・ソルモンバヤル。軸となっているこの3人のセッションがまず素晴らしく、隙間のあるサウンドには時折池の水音のような深沈とした瞬間が訪れます。ジャズは多様な文化を吸収し得る音楽ですが、ここにある音楽はオリジナリティ溢れるもの。


01. Zavkhan ♪ 
02. Diary Of June 9th ♪ 
03. Gandii Mod ♪ 
04. I'm Glad There Is You ♪ 
05. Khorom ♪ 
06. Sevkhet Bor
07. Ursgal ♪ 
08. Aya
09. An Untitled Hill

Enkhjargal Erkhembayar (vocals)
Paul Brändle (guitar)
Munguntovch Tsolmonbayar (double bass)
Moritz Stahl (tenor sax on 01 + 09)
Alistair Duncan (trombone on 06)

total playing time: 37:23


  • Facebook
品番 SQM009CD 輸入盤/デジパック仕様
価格 2,690円(税込)
在庫状況 11