田辺玄 / 風と音と

窓から入る風が机の上の手紙をふわりと舞い落とした。外からは揺らぐ葉の音が聞こえる。誰かを想う。そんな音楽。

田辺玄はWATER WATER CAMELなどギターをメインとするバンド活動の傍らに、自らもスタジオを持つレコーディングエンジニアであり、手掛けた作品は多岐にわたる。そのスタジオ「Studio Camel House」は甲府の街並みが一望できる高台にある。音に耳をそばだてることを生業とした男が、普段から耳にし感じている物事を奏でたこのアルバムは、どこか「自然」に近い。揺らぐような曲調もあれば、淡々と同じリズムが繰り返される曲もある。よく聴けば外の音と思われるノイズがうっすらとバックにあり、聴くほどに馴染むギターの調べが綴られている(08のみピアノ曲/04のみスキャット入り)。質感の良い紙ジャケットは見開いたところにあるスリットにCDを仕舞う形。文字は銀色の箔押しに。

田辺玄 Works (田辺玄がエンジニアとして手掛けている作品の取り扱い一覧です)


01. 鳴りはじめる ♪ 
02. 町に生きる音 ♪ 
03. 離れているということ ♪ 
04. めく
05. 球体 ♪ 
06. sai
07. 霧の向こう
08. asa ♪ 
09. 雨男 ♪ 
10. あおち
11. その風が吹き抜けた時に ♪ 

total playing time: 44:00


  • Facebook
型番 CAH-001 国内盤/紙ジャケット仕様
価格 2,500円(税込)
在庫状況 6