吉田慶子 / soneto ソネット

静かに歌う。苛立ちも歯痒さも閉じ込めず、でもただ静かに歌う。歌の偉人たちの言葉を借りて。自分のために。自分と同じすべての人に。

ボサ・ノヴァ〜ブラジル音楽を歌う吉田慶子。前作『サンバ・カンソン』と同じ黒木千波留のピアノ伴奏のみで録音された、優しくチャーミングな歌声によるアントニオ・カルロス・ジョビン、ヴィニシウス・ヂ・モライス、シコ・ブアルキ等、ボサ・ノヴァ以降のブラジル音楽集。録音は2011年。各曲に吉田さん自身による解説をいただきました。

吉田慶子 keico yoshida ( vocal )
黒木千波留 chiharu kuroki ( piano arrangement )


01. Violão vadio ヴァガブンドのギター(Baden Powell e Paulo César Pinheiro) ♪ 

 もう一度いっしょに わたしとギター
 ただゆっくりとさまよい 歌ってゆく

 エリゼッチ・カルドーゾの歌声で何度もくり返し聴いた
 思い出深い歌です。


02. O que será ウ・キ・セラ(Chico Buarque) ♪ 

 シコ・ブアルキの歌詞は難解で
 意味だけを追いかけると頭がこんがらかってしまいます。
 だけど、彼の音楽は言葉を超えたもっと大きなもの。
 何もわからなくとも、聴くと心がふるえます。


03. Demais あまりにも(Tom Jobim) ♪ 

 飲み過ぎて ふざけすぎて
 軽薄でひどく荒れた日々を送っているのは
 届かないあなたへの愛があまりに大きくて
 切なくて 悲しいから

 怒りも 憎しみも すべては悲しみから


04. Valsa de Eurídice ユリディスのワルツ(Vinicus de Moraes) ♪ 

 たくさんの名曲を生み出したヴィニシウス・ヂ・モライスの戯曲
 「オルフェウ・ダ・コンセイサォン」より。
 ヴィニシウスはこの美しいメロディを、パリで書き物をしている
 時に思いついたのだそうです。
 わたしは目をつむってまるくなって、ピアノの音に入り込む
 ような感覚のなかで、いろんな「ラ」を歌いました。


05. Diga ヂーガ(Vicente Paiva e Fernando Martins)
 ジョアン・ジルベルトと娘のベベウがライブでデュエットした歌。
 つい何度もくり返してしまう、終わらない一曲です。


06. Canta, canta mais 歌って もっと(Tom Jobim)
 黒木千波留さんのピアノソロ。
 当初、私は歌う予定でした。でも歌えませんでした。
 理由はわかりません。どうしても歌えなかったのです。


07. Vou por ai ヴォウ・ポル・アイ(Baden Powell)
 自分がどこにいるのかわからない
 歩き 立ち止まり
 自分がどこへ行くのかもわからない

 この歌を思い出すと、少し胸がちくっとなります。


08. Moça flor モサ・フロール(Durval Ferreira e Lula Freire) ♪ 

 美しい花のような娘への愛を歌ったドゥルヴァル・フェヘイラの名曲。
 黒木さんのピアノは音色だけでなく、音と音の間の静けさが美しいなあと
 いつも思います。


09. Soneto da separação 別れのソネット(Vinicius de Moraes) ♪ 

 録音を終えて一言、黒木さんが「お経のようだね。」と言いました。
 私もそう思いました。

()内は作者。

total playing time: 36:26


  • Facebook
型番 KT-003 国内盤/紙ジャケット仕様
価格 2,057円(税込)
在庫状況 1