みどり

森ゆに、青木隼人、田辺玄の3人からなるユニット「みどり」の初めてのアルバムが届きました。

二十四節気のひとつで、冬籠りしていた虫たちが土から出てくることを意味した啓蟄(けいちつ)。啓蟄から立冬までが彼らの活動のスパン。新緑から紅に色付くまでの葉といっしょに移り変わる心模様。すぐそこの春、まばゆい5月、夏草、雨の音、夏の影をいとおしむ…。その歌の凛とした佇まいは讃美歌のようでもあるし、自然の輪の中に生きる人にとっての日常歌、或いは暦のような存在になるのでは。

「『みどり』は2017年に緩やかに始まりました。ふだんはピアノ弾き語りで歌う森ゆには、みどりではピアノを弾かずに歌います。青木隼人と田辺玄は、ギターで歌を支えたり、ときどき前に出て合奏をします。演奏の活動期間は啓蟄から立冬まで。冬は籠もって制作をします。」(ウェブサイトより抜粋)


01. boat ♪ 
02. 帽子 ♪ 
03. ラ フォーレ ♪ 
04. ode
05. みどりを渡る音 ♪ 
06. 四つ葉 ♪ 
07. 一雨一度
08. POST
09. フィンランディア ♪ 
10. 灯り ♪ 

total playing time: 35:40


森ゆに関連作品一覧
青木隼人関連作品一覧
田辺玄 Works(ソロの他エンジニアとして手掛けている作品の一覧)


  • Facebook
型番 YAE01 国内盤/特製紙ジャケット仕様
価格 2,500円(税込)
在庫状況 4