木原健児 / 日々

日常を歌にするのは難しい。そこに歌ができたのなら何かしらの出来事があったはず。些細な出来事であったとしても、それが人生にとって大事なことかも知れない。素直に、愚直にその喜びを歌う。そのこと。


01. 木漏れ陽 ♪ 
02. 茶の間 ♪ 
03. 散歩 ♪ 
04. 雨音 ♪ 
05. 手紙 ♪ 
06. 時
07. 光

total playing time: 41:01

Sphontik名義で活動してきた木原健児がソロ名義でリリースする初の歌ものアルバム(2019年作)。Fishmans〜Polaris、ハナレグミ等のファンにもお薦めしたい細やかな音の作り込みと浮遊感、そして撫でるように優しい歌声。Sphontikでも見せていた穏やかな日常感が踏襲されたアコースティックとエレクトロニクスのバランスの妙、そしてスティールパンがアクセントに。「手紙」では宮内優里がアレンジ担当で、自身の名曲「読書」の姉妹曲のような印象もあったりなかったり。


  • Facebook
型番 HTO-101 国内盤/紙ジャケット仕様
価格 2,200円(税込)
在庫状況 3

あなたにおすすめの商品