ヴァイス:リュートのためのソナタ集 第7集

中世からバロック時代にかけて愛用された、日本の琵琶と同じ先祖を持つ、ギターのような弦楽器リュート。バッハと同時代の作曲家ヴァイスは、このリュートのために多くの作品を作ったことで知られます。その作風は暗すぎず明るすぎず、現代的なセンスを感じさせ、時を超えて今聴かれるべきものであると言えるでしょう。彼の数多いソナタの中で傑作と言えるのがこの「第15番 変ロ長調」です。バッハ作曲の「無伴奏チェロ組曲」を思わせるシンプルかつ多構造的な旋律が、実に心地よい作品です。「第48番 嬰へ短調」の短調の響きもまた、リュート独特の美しさ。穏やかな昼下がりにも、風が気持ちよい夜にも。

blog

シルヴィウス・レオポルト・ヴァイス(1687-1750):

ソナタ 第15番 変ロ長調
01. Allemande ♪ 
02. Courante ♪ 
03. Paisane ♪ 
04. Sarabande ♪ 
05. Menuet
06. Gigue

ソナタ 第48番 嬰へ短調
07. Allemande: Andante ♪ 
08. Courante ♪ 
09. Bourree
10. Sarabande: Andante ♪ 
11. Menuet
12. Presto

ロバート・バート(リュート)
録音:2005年

total playing time: 60:03


※画像2にある日本語帯の付帯はメーカーの意向により終了しております。(2019/07/31)

  • Facebook
型番 8.557806 輸入盤
価格 1,290円(税込)
在庫状況 1