haruka nakamura / スティルライフ

ジャケットには、亡き祖父が描いた静物画。静物画を描くように、ピアノで日々を描く。

一日一日を綴るように、ハルカナカムラは自宅のアップライトピアノに向かい約1ヵ月半の間レコーディングのために籠りました。普段の演奏活動の旅の中で生まれたこれらの曲たちは推敲され、試行錯誤する毎日の日記を(制作における大事な作業として)公開しながら、アルバムとして形作られていきました。 完全なソロ作としては『twilight』以来10年ぶりとなる新作は、「灯台」と名付けられた自主レーベルからの初のリリース。鍵盤やペダルの音、そして窓の外の街の音も取り込まれた、ミュートしたアップライトピアノによる録音。晴れの日も、雨の日も、傍に置いておきたい、これまで以上に日常に寄り添った作品となりました。2枚分の録音を残しており、秋には続編『スティルライフII』もリリース(→こちら)。自ら撮ったポラロイド写真をあしらった特製紙ジャケット仕様。点線を折って組み立てると飾れるような仕組みになっています(画像4参照)。

灯台(スティルライフ・制作日誌)


01. あくる日 ♪ 
02. ある光
03. 新しい朝 ♪ 
04. うたかた
05. 君のソネット
06. Fly
07. 春からの電話 ♪ 
08. イーゼルを見据えて
09. サムタイム ♪ 
10. 風が通り過ぎていく季節 ♪ 
11. 雨の日のために ♪ 
12. アンソロジー ♪ 
13. たしかな声
14. 17時と街
15. 予告灯 ♪ 

total playing time: 54:22


■続編『スティルライフII』 →こちら

◆アップライトピアノの魅力をこちらで→テーマ【アップライトピアノの仄かな輝き】

◆制作途中、同じピアノで録音した「雨」を収録。雨と休日オリジナル・コンピレーション→『静寂の隣人たちへ』


  • Facebook
品番 T-001 国内盤/特製紙ジャケット仕様
価格 3,520円(税込)
在庫状況 0 →在庫表示(入荷の目安)について

あなたにおすすめの商品