Eduardo Gudin / Valsas, Choros E Cancoes

1970年代より活動するブラジル音楽の重鎮、エドゥアルド・グヂン。女性シンガーとの共演作が多く、2022年の本作でもレラ・シモインス(ヴァイオリン)、ナイラ・ガロッタ(ピアノ)のふたりを楽器とともにメイン・ヴォーカルとして迎えています。「ワルツ、ショーロそして歌」と題されたとおり、ゆったりとしたヴァルサ(ワルツ)、軽快なショーロのリズムが特徴的で、室内楽的サウンドは優雅ですらあります。面白い点としては、大半を占める短調の曲でも曲中にメジャーコードのフレーズが顔を出すことが多く、それがある意味快感。ボサ・ノヴァともサンバともまたひと味違った、大人の雰囲気と心地よさに満ちた良盤です。08〜12曲目の並びが特に美しい!


01. Arrebentação ♪ 
02. Jacob ♪ 
03. O velho e o rio
04. Poente
05. Elegância antiga ♪ 
06. Choro do amor vivido
07. Navegador
08. Paulista ♪ 
09. Fábula ♪ 
10. Luzes da mesma luz ♪ 
11. Recordação de mim ♪ 
12. Valsa anônima ♪ 
13. Lenda

Eduardo Gudin – guitar
Lela Simões – violin, viola, vocal
Naila Gallota – piano, vocal
Ronen Altman – bandolim (2, 8)
Fernando Goldenberg – harmonica (4)
Renato Braz – vocal (10)

total playing time: 59:40


※レーベル元在庫切れのため限定数入荷。次回入荷の見込みは立っておりません。


  • Facebook
品番 RPA-01/21 輸入盤/デジパック仕様
価格 3,290円(税込)
在庫状況 1