Sachiko Kanenobu(金延幸子) / Misora(み空)

少女はふわふわと。しかし何もせず漂っている訳ではなく。ときに自ら流れに身を任せ。ときに鋭い眼を見せ。美しいものを美しいと言い。強きものの強さに憧れ。大空、空の色、飛ぶ鳥たち、不機嫌な雨空であったり雪、雪どけの輝く風景、春一番。

金延幸子。「日本の女性シンガー・ソングライターの草分け的存在」と語られるのは、偏にその詩的な情景描写の素晴らしさから。そこに見える意思の強さ、飾らないカッコよさ。女性が曲を作り、歌い、自らを主張することは、このアルバムが発表された1972年ごろではまだ珍しいことでした。彼女の視点、言葉の選び方、それらに古さを感じさせないところに、『み空』の名盤たる所以があるのでしょう。


01. み空 ♪ 
02. あなたから遠くへ ♪ 
03. かげろう ♪ 
04. 時にまかせて ♪ 
05. 空はふきげん ♪ 
06. おまえのほしいのは何
07. 青い魚
08. 雪が降れば(ようこさんにささげる)
09. 道行き
10. はやぶさと私
11. 春一番の風は激しく

total playing time: 41:23


※米Light in the atticからの2019年再発盤。オリジナル・マスターテープからのリマスタリング。LPとは異なったデジパック仕様の横長サイズですが、金延幸子が渡米した当時の写真や再発時のインタビュー、オリジナルの歌詞カードなどが掲載された32ページの豪華なブックレットが挿入されているなど、敬意と愛情溢れるデザインとなっています。日本のURCレーベルより1972年にリリースされ知る人ぞ知る存在だったものが、かつて小沢健二がライヴSEで使用したことから再評価され、今またアメリカより「Japan’s first female singer-songwriter」として注目されていることに感慨深いものを感じます。


  • Facebook
型番 LITA-175 輸入盤/デジパック仕様
価格 2,290円(税込)
在庫状況 7

あなたにおすすめの商品