AOKI, hayato / MITATE 1

クラシックギターで奏でられる、草花のための音楽。

京都北区にある花屋「みたて」。BGMのために実際に店舗内で録音された音源です。 このところのリリースはコンセプト/企画重視のところがあったのですが、ある意味現在進行形の青木隼人の素のギターが聴ける作品と言えるでしょう。自身のレーベルからの純粋なギター・ソロ作品のリリースとしては初期の『guitar solo #1』『〜#2』以来となるかと思われます。 柔軟性を持ったささやかなBGMとして様々なシーンに重宝することでしょう。 テーブルに花一輪。そして音楽も。

新たなデザインによるジャケットは表紙側に穴が開き、ちょうどCDのストッパーがはまる仕掛けとなっています。シンプルながら機能性も備えた青木隼人ならではのジャケット・デザインです。


01. 01 - 9:30 ♪ 
02. 02 - 7:12 ♪ 
03. 03 - 9:16
04. 04 - 7:23 ♪ 
05. 05 - 7:12
06. 06 - 6:11 ♪ 
07. 07 - 12:47 ♪ 

total playing time: 59:31


<草花の音楽>―AOKI,hayato
2019年春から1年間、京都の花屋「みたて」の店内音楽を制作しました。月に一度、朝の6時から、みたての店内にギターを持ち込み、その場に流れる「いま」の空気を感じながら即興的に作曲をしつつ録音をして制作。季節の巡りにあわせて草木が移り変わっていくように、店内で流れる音楽もひと月ごとに表情を変えていきました。『MITATE 1』は、「みたて」のための音楽から、2019年4月から6月、夏至に向かう日々、草花が青々と生い茂る頃に録音した楽曲をまとめたアルバムです。

花屋 みたて
MITATE特設ページ
AOKI, hayato関連作品一覧


  • Facebook
型番 gfcd11 国内盤/特製紙ジャケット仕様
価格 2,200円(税込)
在庫状況 7